サーバー個別評価 | レンタル サーバー 格安 比較 専用 サイト

コアサーバーのCRONでPERLを動かす

コアサーバーのCRONでPERLを動かすならば・・・

つまり、基本的にCRONを期待する方は、コアサーバーは使用しないことが望ましい。
データベースも不安定なので、サテライトサーバーとしてならいいかも。

と、雑談しておいて、CRONですよね?
コアサーバーのCRONでPERLを動かしたいんですよね?
まずは、わざとと思われるパスの話から。

サーバーヘルプを見ると
絶対パス、と 転送先ディレクトリ(フォルダ)があるが、

まず、この 絶対パス /virtual/アカウント名/
と、public_html との関係がわからない。

これは、つまり、こういうことだ。

FTPで入ったときの / の場所。
つまり、sXX.coreserver.jp の直下が絶対パスで /virtual/アカウント名/ を示す。

WEB上で閲覧できる場所はコアサーバーの場合、public_html/ドメイン/ なので、
ドメインの絶対パスは、/virtual/アカウント名/public_html/ドメイン/
ということになる。

これでひとつの疑問は解決したと思う。

もうひとつ。
コアサーバーは、シェルしか動かせない。
すると階層下に起動させるシェルをおいておくと、
カレントディレクトリをどこにおくかが問題になる。

というのは、パスが通っていないのだ。
なので、単純なプログラムしか動かせない。
つまり、使えないに等しい。

一応書いておくならば、

動かすシェルプログラムは、簡単のために / に設置することにする。

CRONに設置するCRONコマンドは、
/virtual/MyID/cron.sh

cron.sh で動かすプログラムは
public_html/ドメイン/ においてあるものとすると
シェルプログラムのソースはこんな感じ。
—-cron.sh—-
#!/bin/sh
cd /virtual/MyID/public_html/ドメイン/
/usr/bin/perl ./cron.pl
exit
—————

図にすると
/virtual/MyID/
  |
  +—cron.sh
  |
  +—public_html/
      |
      +—ドメイン/
          |
          +—-cron.pl

シェルプログラム (cron.sh) は、/ におき、
cron.sh の中で、CD で /public_html/ドメイン/ に切り替えて
PERLプログラムを起動する。

わかりにくかろ?

そのうえ、CRONを使うなといわんばかりに
1時間に1回まで、しかも3分で処理を終わらせることって条件付だ。
しかも、絶対パスと転送先ディレクトリ(フォルダ)の関係も教えてくれない。

コアサーバーを使っているのならば、早急に移転することをお薦めする。

【候補】
ロリポップ
すみだ

いずれもコアサーバーより安くて、安定していて、さらに使いやすい。
特にロリポップは、コアサーバーよりも容量が大きい。

【重要】
ただし、コアのCRONって時々とまっています。
上書きすれば、また動きだすのですが、これじゃCRONの意味がない。
コアは信用できないサーバーです。

@ワッピー(wappy)

さほど割安感はない。最初の一台目としては、不安いっぱい。
コントロールパネルなど公開していないのも気になる
サイズだけで選ぶならば、問題なく使える激安サーバーです。
【お申し込みはこちらから】

→『@ワッピー(wappy)』の詳細ページへ

FileQ

価格面、機能面において満足できるサーバー
cpanel を使用してはいるが、不足しているperl モジュールは
問い合わせにてインストールを頼まないといけないのが気になる
容量1Gは、メールサーバーの容量込みということも
忘れずに。でも、1Gもあれば十分。
【お申し込みはこちらから】

→『FileQ』の詳細ページへ

サーバーカウボーイ

めっちゃ安いかといえばそうでもない。
そうでもないんだけど、必要項目は揃っているのでメインサイトとして利用可能。
【お申し込みはこちらから】

→『サーバーカウボーイ』の詳細ページへ

NSFレンタルサーバー

価格が安くなった。
CRONも使えるようになったので少しはよくなったのかもしれない。
ただし、100円のエントリーコースではデータベースを使えないので100円で借りられると思わないこと。
データベースがなければサテライトサイト置き場にしか使えない。
サテライト置き場ならエントリーの100円でOK。
【お申し込みはこちらから】

→『NSFレンタルサーバー』の詳細ページへ

無限サーバー

容量無限、データベース無限、サブドメイン無限!
そのうえ、99円サーバーのミルブレインズのサーバーなので
管理ページは99円と同じ!
簡単インストールは、まだWPのみだけど今後増えていくのは
疑いない。
perl,phpなどで揃っていないライブラリーは、
CPANから自動インストール。開発する側にとっても
使いやすい。
【お申し込みはこちらから】

→『無限サーバー』の詳細ページへ

ロケットネット

容量から見るとメインサーバーよりは、サテライトサーバーに
使用するといいかもしれません。
★多少コンパネにびびるかもしれないがなれてしまえばOK
今のところ、価格、性能申し分なし。
ドメイン年間380円も魅力
【お申し込みはこちらから】

→『ロケットネット』の詳細ページへ

ロリポップ

老舗といわれるようになったのではないかな?
格安サーバーの先駆者、おもちゃだったサーバーが
いまや、まともに使えるサーバーに変貌。
★老舗だけにアフォリエイターがいろんなことやってて
問題がありそうなので、この順位に甘んじてみる。
ただし、かなりがんばっているサーバー。
簡単インストール、マニュアルが充実。初心者に優しいサーバー。
惜しむらく、初心者の方には、よいがパワーユーザーには利用数の制限が多い。
※まちがってもチカッパプランを使わないように
※ロリポおじさんのメルマガは必見!
【お申し込みはこちらから】

→『ロリポップ』の詳細ページへ

すみだサーバー

2012/1/31閉鎖
これだけよかったすみのレンタルサーバーが閉鎖。痛いですよね?
安くて、軽くて、機能が充実。
では、すみだサーバーの代わりになるサーバーとしたら?

CGIのライブラリに若干不足は出ますけど、その分、容量が充実。
今、私が、おすすめするなら、レオサーバーですね。
↓ ↓ ↓

メインサーバーとして使うといいです。
ドメイン永久無料っていうのが味噌。
ドメイン管理会社もしてるので使い勝手も最高。
★ロリポップに比べコンパネが難しいかもしれない、
超優良サーバー。
【お申し込みはこちらから】

→『すみだサーバー』の詳細ページへ

99円サーバー

第6位
不安材料の容量もアップして15G!
CGIもサクラサーバーに近い初期ライブラリ。
エコノミーDBでメインサーバー決まりでしょう。
★ツールを使うならロケットよりも安心。
おしむらく、容量と速度が劣る。
【お申し込みはこちらから】

→『99円サーバー』の詳細ページへ

レンタル サーバー 格安 比較 専用 サイト TOP » サーバー個別評価