質問力 | 評価特典.確実に稼ぐ商材評価アフィリハローワークゆずまる






質問力

 ご連絡、ARM-S をお申し込みいただきました方へ
 注文IDと購入時のメールアドレスを添えて
 ゆずまるへメールをお送りください。→yuzumaru@a-shadow.com
 shop2table stage 4 を追加特典としてリリースいたします。
 →http://yuzumaru.info/・・・
 ※申し込み初月からご利用いただけますのでARM-S入手後、
  すぐにメールをお送りください。

 質問力。
 つまり、何かを聞くときに的確な質問をしないと
 答える方はすんごく困るって話さね。

 サポートBBSとかを見てると、それ日本語か?って書き込みがあったりする。
 必要な情報が書かれていない。

 プログラムでよくあるのが「動きません」

 ・・・なんて答えたらいいのぉ~~(TT
 何をきかれているかわかりません。
 どういった状況なのかわかりません。

 どうしたくて、何をどうやったのか、その結果どうなったのか。

 サポートなどで教えてあげる力ってのが必要になる。
 それは、質問力があってこその賜物。

 いくつかの教材で言われていることだけど、
 「一日3冊本を読みなさい」

 これって、ネタ探しってのもあるんだけど、
 読解力、つまり理解する力をつけるためでもあるんだ。

 稼ぐ系アフィリの話だねとかゆってんぢゃねーぞぉーーーー
 物販もだ!

 商品を理解して説明する力。
 話の真意を汲み取る力。
 とっても大切なのだ。

 そういう基本があって、説得する力となる。

 けどさ、ゆずまるのところにくる質問メールで
 そういう方ってほとんどいないんだよね。
 1通目で「おぬし、何を聞きたい?!」ってレスいれるからかな?(笑

 とにかくだ。稼ぎたいなら勉強しよう。
 口をあけて待ってるんじゃなくて、自ら進んで勉強しよう。
 最初は時間かかるけど、それは当たり前だ。

 ブログのセットアップにしても。
 何日も費やして、調べまくって、
 そうやって身に着けた知識は、誰のものでもなく、唯一あなたのものだ。

 だがしかし!
 だからといって、ゆずまるにメールをしてくれないのは困る!
 なぜなら、ゆずまるは、とってもさみしんぼだからだ!

 か、か、かまってくれぇ~~~(TT

 おまえ、結局、何をいいたい?>自分

 ところで、何を言いたい?っていえば、
 わかりにくいレポートって多いよね?
 結構絶賛されているレポートでも
 わかりにくいものってかなりあると思うんだ。

 誰かが言っていたのを鵜呑みにして、
 そのまま、中身のない絶賛をするアフィリエイターが多いからなんだと思う。

 付和雷同アフィリエイターと言えば、
 前にゆずまるの無料レポートを無料レポートのネタにされたことがある。

 ゆずまるのレポートの上澄みを書いて、
 その後、もっと詳しくしりたければ、ゆずまるのレポートを読んでください。
 ・・・つまり、中身のないレポートを使ってアドレス集めだな。

 しかも!これみよがしに紹介しましたってメールくれた。
 ゆずまるは、こういうの大っ嫌い。
 もちろん、ありがとうございますの返信でおしまい。
 紹介なんかできるわけないよね?

 それはいいとして、わかりにくいけど、読むと面白いレポートのご紹介。
 心理誘導の話だ。
 なんてわかりやすいんだ?! っては絶対ならない(笑

 フロントエンド商材の一部のようなレポート。
 でも、読むとなんとなくわかったような気になるから
 こういうものもあるんだってことで・・・
 多分、あまり役に立たないけど勉強したかもって気になれる。
 ↓ ↓ ↓
 [link]http://amberbluedream.sakura.ne.jp/medousa/・・・



 
プロフィール

ゆずまる
アフィリで稼ぐプログラマ@ゆずまる
百戦錬磨の老兵プログラマでWEBプロデューサーのゆずまるです。 大御所アフィリエイターのあの方に「あのゆずまる」とまで言わしめた、プログラマアフィリエイターの視点で、情報商材をご紹介いたします。 あなた同様「楽しく楽な高額報酬アフィリエイト」をモットウにしています。 コンピュータの専門学校の講師の経験から超初心者のあなたでもサポートばっちり♪ 安心してね? プロフィール
あなたは、ゆずまるを知らなくとも、ゆずまるは、生まれる前からあなたを知ってます。(オカルトですか?!>自分)
こんなノリでもノリで答えたりしませんから。

アフィリエイトの挫折や無料レポートのテーマ、サイトのテーマなどお悩みなどお気軽にご相談ください

 
最近の投稿

 
カテゴリー

 
最近のコメント

 
コメントについて

コメントは、各記事のこの部分↓のリンクをクリックして記事ページへ移動することでコメント欄がついたページがになります。
コメントを許可していないページもありますので、イライラしないようにお願いいたしますw
 
アーカイブ

 
コミニュケーション

 
メタ情報