あなたにもできる | 評価特典.確実に稼ぐ商材評価アフィリハローワークゆずまる






あなたにもできる

 ご連絡、ARM-S をお申し込みいただきました方へ
 注文IDと購入時のメールアドレスを添えて
 ゆずまるへメールをお送りください。→yuzumaru@a-shadow.com
 shop2table stage 4 を追加特典としてリリースいたします。
 →http://yuzumaru.info/・・・
 ※申し込み初月からご利用いただけますのでARM-S入手後、
  すぐにメールをお送りください。

 売れていないのは、あなたのせいではない。
 売れてないのは、あなたの記事が悪いのだ。

 なぜか?

 マインドが違っているから。
 共感者を絞り込めていないから。
 教材のコンセプトが狙う共感者とあなたの書く文章が違っているから。

 例えば、昨日のゆずまるのメルマガの抜粋ですが。
 こんな一文があります。

 ターゲットは、何に悩んでるんだ?
 ターゲットは、どうなりたいんだ?
 ターゲットは、どうなりたくないんだ?

 これは、最後の「どうなりたくないんだ」というところがポイントです。

 前2つは時々見ていたり、言われたりする文章ですよね?
 けど、3つめは、「どうなりたくない」という
 とっても近いけど、初めてに近い響きのもの。
 昔から頭にあるものと新しい発見の混在。

 実は、これが琴線に触れるんです。
 すごく簡単なことなのに、なんで気が付かなかったんだって?

 これが、まったくはじめてのものだと、あきらめる方が出てきますが、
 手が届くものならば(つまりイメージできるものならば)、
 できそうだ、もっと開眼したい!って思うんです。

 ここのフレーズでは、
 あなたにも出来ることですということを伝えたかったんです。

 さらに、こんな顔文字が入っています。
 ( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

 文章だけでは、共感してもらいにくいので、
 読んでいる、あなた自身に「ねぇ〜?」と発音して欲しかったんです。

 そうおもわなくても、顔文字を読んでいる時に、
 思わず「ねぇ〜?」と発音してしまいます。

 そうすると、共感していただける確率が増すんです。
 なので、わざわざ顔文字を使っています。

 「ゆずまるもできていなかった。
  あなたもですよね?」
 ここに、共感いただきたかった。
 だから ( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー なんです。

 そして、この教材なら、
 「あなたにもできる」ということを知って欲しかったということです。

 事実、それが伝わった方が数名いらっしゃいました。
 ありがとうございます m(_ _)m

 そして、なぜ、こういう文章になれたかといえば、
 情報を分析しているからなんです。

 セールスレターを書くときに、
 商材のいいところ、悪いところ、ターゲット、等など。。。
 とにかく出しまくります。

 それらをまとめてセールスレターを書くんですが、
 その情報は、メルマガの記事、ブログの記事でも使うんです。
 ですよね?

 行き当たりばったりで記事ネタを探していたら
 日々方向性が違ってきますよね?

 羊飼いは、羊を計画的に移動させて草を食べさせます。
 昨日と同じところに羊をつれていっても草がない。
 計画的に移動させないと大変なことになります。

 それと同じです。

 そのために商品を分析(リサーチ)して沢山のタネを準備します。
 そのタネの準備ができていないから、短期計画ができていない。
 毎度、毎度、記事ネタに困ることになってしまいます。

 どうやってタネを探すか?
 どうやってタネを増やすか?
 どこからタネを持ってくるか?

 それが問い合わせに答える形の穴埋め式でできたら
 すごく簡単な作業ですよね?

 あなたは、あなたのターゲットにどうして欲しいですか?

 ↓ ↓ ↓
 ゆずまるの書き下ろしレポート特典付、7ステップで売る文章を書く方法。

 ゆずまるからの特典、虎の巻の目次です。
 →



 
プロフィール

ゆずまる
アフィリで稼ぐプログラマ@ゆずまる
百戦錬磨の老兵プログラマでWEBプロデューサーのゆずまるです。 大御所アフィリエイターのあの方に「あのゆずまる」とまで言わしめた、プログラマアフィリエイターの視点で、情報商材をご紹介いたします。 あなた同様「楽しく楽な高額報酬アフィリエイト」をモットウにしています。 コンピュータの専門学校の講師の経験から超初心者のあなたでもサポートばっちり♪ 安心してね? プロフィール
あなたは、ゆずまるを知らなくとも、ゆずまるは、生まれる前からあなたを知ってます。(オカルトですか?!>自分)
こんなノリでもノリで答えたりしませんから。

アフィリエイトの挫折や無料レポートのテーマ、サイトのテーマなどお悩みなどお気軽にご相談ください

 
最近の投稿

 
カテゴリー

 
最近のコメント

 
コメントについて

コメントは、各記事のこの部分↓のリンクをクリックして記事ページへ移動することでコメント欄がついたページがになります。
コメントを許可していないページもありますので、イライラしないようにお願いいたしますw
 
アーカイブ

 
コミニュケーション

 
メタ情報