短縮URLツール、イージークリックカウンター瞬換のレビューと特典 | 評価特典.確実に稼ぐ商材評価アフィリハローワークゆずまる






短縮URLツール、イージークリックカウンター瞬換のレビューと特典

短縮URLツールイージークリックカウンター(通称イジクリ)瞬換は、
長いASPのURLを短くしてメルマガに貼り付けても折り返さないようにとか、
アフィリエイトIDが見えてクリックするのを控えられないようにする目的で
短縮URLを作るツールなんだ。

通常の短縮URLツールは、URLを入力して短縮URLを作成、
作られたURLを記事に貼り付けるという作業が発生するのだけど、
このイジクリは、URLを記事の一部として入力できるから、
すごく楽に記事を作ることができるんだ。

余計な手間が入らないからね。

記事を書いたら、画面右上の赤い短縮URLのボタンを押す。


あとは、確認のために変換する記事内のURLが表示されるから確認して、
するだけでURLを短縮した記事が出来上がるんだ。


あとは、この記事をメルマガに貼り付ければすぐに配信できるって寸法さ。


ね?やけに作業が簡単になったろ?
つまり、イジクリは記事を書くことに専念できる短縮URLツールなんだ。

その上、クリック数を測定できるから、記事を書いて配信した後のチェックも
できてしまうって優れものなんだ。

記事のどの辺り、どんな内容、どんなフレーズでクリックしてくれたかがわかるんだ。
メルマガのクリック率の場合、サイトのアクセス解析よりも読み取りやすいので、
サイトのアクセス解析の入門として考えることもできるのかもしれない。

この抜群な操作性と利便性のイージークリックカウンターがあれば、
もっと便利になるんだ。

それは、このイジクリは、メルマガとブログと連動させられるってところなんだ。
これは、まだバージョンアップ中のものだから、
今後レイアウトが変わる可能性があるんだけど、この画面を見て欲しい。

M2Bってアイコンがあるだろう?
これをクリックすると、現在イジクリの特典に入っているメルマガtoブログが起動するんだ。


赤で記したメニューバーを見てもらえるとわかると思うけど、
ブログの記事投稿でおなじみの記事編集アイコンがそろっている。
だから、ブログ用にこの記事をちょっと直してから、
投稿したいブログを選んで投稿ボタンを押すだけでいいんだ。

画面にあるように全部で12種類のブログに投稿できるんだ。
だから、少なくみつもっても12個の極近サテライトブログを簡単に更新できるってことなんだ。


短縮URLもそうだけど、このブログへの投稿は、とてもストレスになってるのは
きちんと極近サテライトをメンテナンスしているあなたにはわかると思うけどね。
ログインが面倒だろ?

このメルマガtoブログは、ブログにログインしなくても記事を同じ操作環境で作れて
投稿できるから、ものすごく作業に負担がなくなるんだ。

あなたは、今、サテライトブログの記事の書き方も説明して欲しいと思っていると思うけど、かなり長くなったので、今日はこのぐらいにしておくよ。

もし、興味があったらこちらにレビューと特典を書いておいたので、
参考にしてほしい。
イージークリックカウンターのレビューと特典

そうだ、もう持っているとかもう購入しようと思っている、
あなたには、実は、ブログの設定でちょっと難しい部分があるんだけど、
全12種類のメルマガtoブログのブログ設定の仕方を後で公開しておくよ。
Wordpress
Seesaa
FC2
goo
JUGEM
DTI
so-net
@niftyココログ
yaplog
忍者
NetLaputaBlog
269g

それも使ってサテライトブログ作りを進めて欲しい。
じゃあ、また。


・・・ って、あんさん、どんなキャラでやっとるん?>自分

ゆずまるぴょん♪
イージークリックカウンターのレビューと特典





 
プロフィール

ゆずまる
アフィリで稼ぐプログラマ@ゆずまる
百戦錬磨の老兵プログラマでWEBプロデューサーのゆずまるです。 大御所アフィリエイターのあの方に「あのゆずまる」とまで言わしめた、プログラマアフィリエイターの視点で、情報商材をご紹介いたします。 あなた同様「楽しく楽な高額報酬アフィリエイト」をモットウにしています。 コンピュータの専門学校の講師の経験から超初心者のあなたでもサポートばっちり♪ 安心してね? プロフィール
あなたは、ゆずまるを知らなくとも、ゆずまるは、生まれる前からあなたを知ってます。(オカルトですか?!>自分)
こんなノリでもノリで答えたりしませんから。

アフィリエイトの挫折や無料レポートのテーマ、サイトのテーマなどお悩みなどお気軽にご相談ください

 
最近の投稿

 
カテゴリー

 
最近のコメント

 
コメントについて

コメントは、各記事のこの部分↓のリンクをクリックして記事ページへ移動することでコメント欄がついたページがになります。
コメントを許可していないページもありますので、イライラしないようにお願いいたしますw
 
アーカイブ

 
コミニュケーション

 
メタ情報